マンションを賃貸に出したいと思ってから考えること

住んでいたマンションを賃貸に出したい

私は、マンションを所有していました。
所有していたといっても別に投資で所有していたわけではなく、実際自分たちで住んでいたマンションになります。
このマンションは思い出がたくさんありますので、人に売却しようとするときにはなるべく高い金額で売却したかったのが本音です。
おそらく、ほとんどの人が同じような考え方を持っているでしょう。
確かにその点は私もよくわかりますがあまりこだわりすぎてはいけない場所だと感じました。
そこで私は、売却するのではなく賃貸に出したいと考えるようになったわけです。
賃貸に出す場合には、いろいろと決めなければなりませんがまず不動産会社に相談をしてどのように賃貸に出したらよいのかを聞いてみました。

エリーの持ってるマンションを賃貸に出す為に内装を終わらせて、エリー夫婦にチェックしてもらいました。
普通はあんまりしない事だけど、友達の仕事を受けるというのはそういう事。
友達だから一生懸命やる。
知らない人の仕事は受けない。
#人見知りだもの pic.twitter.com/WQ3fd8xlCY

— 高橋健一朗と言えば満室経営請負人ですよ! (@k_takahashi333) 2019年1月28日
取り合えず基本的な手続きなどは不動産会社の方でやってくれるらしいので、私としてはそこまで細かいことは何も行っていません。
ですが、せっかく賃貸物件として貸すわけですので基本的な勉強ぐらいはしておこうと思いました。
私は行っていた勉強の一つは、利回りです。
基本的に利回りがあまり良くなければ、投資としての価値はありませんのでこの点はしっかりと勉強しておくべきでしょう。
私の後輩が不動産投資をしたいといかじみた時にも、やはり利回りの話しは重要とつけ加えておきました。

住んでいたマンションを賃貸に出したい : 賃貸に出す場合も利回りを考えるのは重要 : 賃料も安くするだけが能ではない : 住んでいたマンションを賃貸に出したいときに心強いサポートが受けられました。